不用品回収のトラブルを避けるためにできること、業者選びから説明いたします。

不用品回収のトラブルを避ける方法

不用品回収業者は慎重に選び、依頼する前に事前に細かい料金設定を把握しておくことが大切

今まで使っていたものが必要なくなった場合、引っ越しなどで荷物を処分しなくてはいけない場合などによく利用されるのが不用品回収業者です。処分するものが沢山ある場合や重いものや大きいものなど運びにくい時などにも一般的に利用されています。時間がない時や、急に処分する必要が出た時などは特に業者を利用するのが最も便利です。

しかし、安易に業者を選ばずに依頼してしまったりトータルでかかる金額を確認せずに作業を始めたりすると自分が考えていた金額よりも高い金額がかかってしまったり、適切に不用品が処分されないといったトラブルが起きることもあると言われています。そのため、業者は慎重に選ぶようにして依頼する前に事前に細かい料金設定を把握しておくことが大切になります。

無許可の業者は、回収した不用品を不法投棄することも少なくない

業者を選ぶ際は、一般の家庭から出た廃棄物を収集し運搬することが出来るという許可を得ている業者であるかどうかを確認することが最も重要です。無許可の業者であれば、正しい場所に正しく不用品を処分することが出来ないため不法投棄されることも少なくありません。しかし、きちんと法的に許可を取っている業者であれば適切に処分してくれます。不法投棄されていることが知られると、例え自分が不法投棄したわけでなくても罰せられる可能性も出てくるためそういったトラブルを出来る限り避けるためにも業者が認可されているかを確認することは大切です。

依頼するときは事前に見積もりをとったり、他の業者とも比較することも大事

不用品回収は、業者によっては細かくオプションを設定していることがあり回収にくる当日に勝手にオプションをつけられてしまうこともあると言われています。そのため、まずは電話で業者に連絡を取り引き取ってほしい不用品を伝え見積金額を説明してもらい、追加でかかる料金がないようにすることが大切です。自分の納得がいく金額でない場合は、いくつかの業者に連絡して比較してみることも大切です。

業者の一括見積ができるところはある?

不用品回収業者の料金をしっかりと比較したいのであれば、下記のような見積もりサイトの利用がおすすめです。各業者から相見積もりをとることで、適正価格がわかります。

不用品回収情報センター | 粗大ゴミの処分料金や回収業者の評判は?

また、支払う前には必ずすべての料金が記載されている領収書を発行してもらってから支払う必要があります。万が一、その後不法投棄されたなどのトラブルが起きた際に一つの証拠になるからです。明らかに上乗せした金額を提示されたり、頼んでもいない作業を行ったことでかかる費用などがあったり信用できない場合は断るか消費生活センターに相談することも大事です。出来るだけリスクを最小限にするためにも、許可を得ている業者であるかの確認と事前のトータル金額の確認、支払う際には領収書の発行は最低限必要です。

最新投稿