実家の不用品回収でのトラブル

事前に不用品回収業者に見積もりをとり回収を依頼することにしたが、当日トラックに乗りきらないので追加料金を請求され…

テレビ

兄や私が実家を出てしばらくたったころの事です。空き部屋が増えていて片付いていた家だったはずが、居間や母の寝室を除く各部屋に荷物がいっぱいになっていました。母に聞いたところ、一人暮らしだとついつい「置くところがあるから良いかな。」と思って色んなものを買ってしまうととの事でした。
これでは取り返しのつかないことになってしまうと感じ、家族総出で家の大片付けをすることに。服や食器を始め使えない引き出物や家具、昔から取っておいた思い出の品などを思い切って処分しようと母を説得し決断してもらいました。

町内のゴミとして出すにしては余りにも大量なので、不用品回収の業者に頼むことにし、電話帳の不用品回収業者のページを見て何社かに見積もりを依頼し、お願いする業者を決定しました。見積もりを依頼するにあたり、各部屋の片付けを事前に行い、見積もりを取りに来られた方にも全て見ていただいたはずなのです。
ですが、片付け当日になり係員さんが荷物をどんどんトラックに運んでいたら「荷物がトラックに乗り切らない」と言われ「もう一台トラックが必要だ。」と言われたのです。もちろんトラックを追加するということは見積金額では済まないとの事で見積金額の2倍近い金額を提示されました。
事前に荷物を見て見積もりをもらったのだから、それは受け入れられないと言い、すぐ見積もりを取りに来た営業の方に連絡を取ってもらいました。営業の方は「1台で乗ると思ったんですけれど、駄目でしたか」とのらりくらり。結局、営業の上司の方にもお話して少しの追加料金ですべての荷物を持っていただくことが出来ました。
今回のトラブルは事前に見積もり詳細の確認をしていなかったことにより起こってしまったのだと思います。

トラブルに巻き込まれないためには、家の片付けであっても事前の業者リサーチが大切

また、少しでも荷物の量を減らそうと、家電やバイクなどは町内に時々「無料で不用品回収します」と放送しながら走っているトラックにお願いしようかと別に置いておいたのです。
週末のある日、どこからともなく放送が聞こえてきたのでトラックを探し出し家の前まで来てもらいました。回収してもらいたいものを運転していた人に見せると「これはダメだ、古すぎる」と一言。はっきりとは言いませんでしたが、どうもリサイクルできるくらいのものでないと無料では持って行ってくれないようなのです。
そして「これを持って行けと言うなら、有料になるよ。」と言われました。仕方がないので、粗大ごみの日に出すことにしました。
このトラブルも事前にネットで回収車について調べていれば防げていたような気がします。トラブルに巻き込まれないためには、家の片付けであっても事前のリサーチは大切ですね。